≪各都道府県民のヒミツはこちらから★≫

北海道・東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島

関東
神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨

信越・北陸
新潟 長野 富山 石川 福井

東海
愛知 岐阜 静岡 三重

近畿
大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山

中国
鳥取 島根 岡山 広島 山口

四国
徳島 香川 愛媛 高知

九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

ブログパーツ

2010年10月29日

「【奈良編】辞令は突然に・・・」vol.1


◆奈良県には薬師寺や春日大社など世界遺産が多く残り、修学旅行生や外国人に大人気。今年は平城遷都1300年祭が行われている。

高山製菓のころもちは奈良県民心のおかき。高山製菓は10種類ほどのおかきなどを販売しており、ほとんどは奈良県内で消費され、年間9億円以上売り上げている。

◆奈良県民は教育に関してお金をおしまない。奈良県民の東大京大現役合格率はダントツで全国一位

◆奈良は日本最古の本格的な都。古墳が9000個以上ある。重要文化財も261件、国宝建造物も64件とあまりにもたくさんあるため、県民は国宝を見てもあまり感動しないらしい。

◆奈良の県民性はおっとりとして受け身。奈良には新幹線が通っておらず、遊園地や動物園などのメジャースポットはほとんどない。買い物は大阪、観光は京都に行くのが普通。

◆「奈良にうまいもんなし」と言われるほど名物料理がない。来客の際には手間暇かけて奈良のっぺや柿の白和えなどの料理を作りお客さんをもてなしていた。

◆奈良県でそうめんと言えば三輪素麺。夏を過ぎてもそうめんが大量に余る事が多いため、そうめんを味噌汁に入れる県民もいる。



三輪素麺(鳥居印)木箱入り 2,000円





〜2010/10/28放送 秘密のケンミンSHOW より〜人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
posted by じもてぃ☆ at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | もし転勤になったら!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「横手市周辺に住む秋田県民は菊がのった花ずしをご飯のおかずにして食べる!?」


花ずしと言われてもピンときませんが、それは茄子の上に菊がのったお寿司なんだとか。それを秋田県民はご飯の上にのせておかずとして食べていました。「寿司」という名のお漬物なんだそうです。

きちんと茄子と菊の間にはシャリが入っていましたが、それは菊と茄子の接着に使われるもので微量でした。

その作り方は・・・

一か月ほど塩漬けした丸茄子を水洗い。そしてもち米少量手に取り食用菊に接着し先ほどの丸茄子と合わせ、真ん中に唐辛子をのせて再度漬け床に並べる。そこに大量のお砂糖を表面が見えなくなるまでまぶし、さらに一カ月ほど漬けて花ずしが完成するようです。

スーパーでもお寿司コーナーではなく、漬物コーナーに花ずしが売られていました。

秋田県南部は盆地のために夏の冷害も少なく毎年新鮮な野菜が獲れたので、冬の保存食として名産の茄子と菊を合わせて漬物にしたのが始まりのようです。




秋田の田舎漬 なすの花ずし




〜2010/10/28放送 秘密のケンミンSHOW より〜人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
posted by じもてぃ☆ at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ケンミン寿司祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「伊予市周辺に住む愛媛県民はちらし寿司に栗を入れて食べるのが定番!?」


と言えば秋の味覚で、栗きんとんやモンブランの食材として食べられており、栗ごはんも定番です。しかしその栗を、伊予市周辺の愛媛県民はなんとちらし寿司に入れるそうです。

その作り方は・・・・

寿司飯に一般的な具材を混ぜたところで、むき栗が登場!お鍋で酒、みりん、塩で味付けさらにお砂糖を投入。煮込んでホクホクの甘い栗が完成。その栗を先ほどの酢飯に混ぜ込み、さらにたくさんの栗を上にもまぶしていました。

すっぱいものと甘いものがドッキングしたちらし寿司になっていますが、これが定番なんだそうです。

愛媛は柑橘類が豊富にとれますが、栗の収穫量も全国3位

発祥は不明だが、ハレの日の料理ちらし寿司に地元特産の栗を入れたのが始まりのようです。

シーズン終了間近!10月31日までの販売なのでお早めに!


【送料無料】愛媛産晩生栗2Lサイズ 大特価



個人的にはちらし寿司というとひな祭りのイメージですが、栗だと季節が違いますよね・・・。
でも栗入りのちらし寿司美味しそうでした☆



〜2010/10/28放送 秘密のケンミンSHOW より〜人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
posted by じもてぃ☆ at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ケンミン寿司祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「京丹後市に住む京都府民が食べるばら寿司の主役はサバ缶!?」


ばら寿司とはちらし寿司や五目寿司の関西の名称。京都では、なんとサバ缶がばら寿司の主役なんだそうです。ばら寿司には欠かせないとのこと。

その作り方は・・・

煮汁を抜いたサバ缶を鍋に移し箸でほぐし、醤油や塩、砂糖で味付けしてサバ缶の下ごしらえは終了。
ちなみに、一般的に寿司飯は丸い桶で作りますが、京丹後市ではまつぶたと呼ばれる四角い木の箱状のもので作るようです。
まつぶたで炊きたてのご飯に寿司酢を混ぜ、かんぴょうをまぶす。そこにサバ缶の味付けしなおしたものをご飯の上に敷き詰め、さらに上からご飯、そしてサバ缶を敷き詰める。
最後に他の具材をトッピングして完成。木べらで切り分け四角く盛り付けるのが京丹後風なんだそうです。切り分けたものは綺麗にミルフィーユ状になっていました。

生を扱う魚屋さんも、お寿司屋さんもばら寿司を作る際はサバ缶を使うそうです!

丹後のばら寿司は明治時代に作り始められたようですが、その頃は焼き鯖を使っていたそうです。しかし、近海でサバの漁獲量が減り、その時サバ缶が使われるようになったんだとか。

京丹後市のスーパーでは、ばら寿司用に、通常のものよりビックサイズのサバ缶が売られていました。マルハニチロさんに丹後地方限定商品のようです。




マルハニチロ 缶詰 月花 さば水煮 200g 12入


ちらし寿司に魚介を使うのは普通ですが、まさかサバ缶を使って作るとは意外ですね〜。




〜2010/10/28放送 秘密のケンミンSHOW より〜人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
posted by じもてぃ☆ at 09:02| Comment(1) | TrackBack(0) | ケンミン寿司祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

「上田市周辺に住む長野県民はクルミを素手で割る事ができる!?」


クルミは殻が固く、素手で割ることは至難の業です。しかし、上田市周辺に住む長野県民は素手でクルミを割る事が出来ると言います!

その方法は二つのクルミを使って割るというもの。一方のクルミの溝がある固い部分を、その横のへこんだ柔らかい部分と合わせててのひらに持ち握ることで割れるそうです。

ちなみに街角成功率は32%でした。

そもそもクルミを割る事が無いのであまり実感ないですが、あの固いクルミを何も使わず手だけで割れちゃうのはすごいですね!

昔ながらの知恵なんですかね〜(´・ω・)




〜2010/10/28放送 秘密のケンミンSHOW より〜人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
posted by じもてぃ☆ at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ケンミンの凄技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする