≪各都道府県民のヒミツはこちらから★≫

北海道・東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島

関東
神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨

信越・北陸
新潟 長野 富山 石川 福井

東海
愛知 岐阜 静岡 三重

近畿
大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山

中国
鳥取 島根 岡山 広島 山口

四国
徳島 香川 愛媛 高知

九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

ブログパーツ

2011年01月28日

「【京都編】辞令は突然に・・・」vol.2


錦市場京の台所と呼ばれ、約400年の歴史を誇っている。観光客にも人気があるが、京都の主婦にとっても御用達の市場。

京野菜は市場でも普通に売られている。聖護院大根は丸い形で苦味が無くほんのり甘い。海老芋は海老の縞模様に似ていることから由来している。堀川ごぼうは太いが中心に穴があいている。



特撰、京野菜【送料無料サービス】


◆意外にも京都は鶏肉の購入金額が全国第二位。鶏肉好きの京都では、鶏肉は鶏肉専門店で購入するのが常識。普通の精肉店では牛肉と豚肉しか売っていないこともあるので要注意。

◆京都の魚屋さんは魚を焼いてくれる店が多い。海から遠い京都市では鮮度を保つため加工して販売しておりその名残だそう。

GUNZEと言えばストッキングや男性用下着で有名なインナーウェアメーカー。明治29年に京都府綾部市で創業。現在では年間一億枚以上の下着を販売している。

BODY WILDは1998年に日本のボクサーパンツの先駆けとして販売開始。現在年間700万枚販売しており、著名人とコラボした個性的な柄のものも販売している。通常のボクサーパンツは7枚のパーツを縫い合わせて作られるのに対し、グンゼでは横の部分に縫い目が無いのに立体的に編むことが出来る。
ネットでは100万通りの組み合わせでオリジナルパンツを作ることが出来る。
⇒ グンゼオンラインショップ

◆一般的に京都府民はそろそろお引き取り願いたい時に京都のぶぶ漬け、つまりお茶漬けを出すと言われているが、今ではそんな事をする人はいない。しかし、「お茶のお代わりお持ちしましょうか?」と言うのは現代的なぶぶ漬け表現で、お引き取りを促している意味もある。

京風ラーメンと言えばあっさり味のイメージが強いが、実は本来の京都ラーメンはこってり味。天下一品も実は京都発祥。めん馬鹿一代のネギラーメンは360度のネギ油をかけて火柱をあげるのが特徴。




〜2011/1/27放送 秘密のケンミンSHOW より〜人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
posted by じもてぃ☆ at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | もし転勤になったら!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今川焼はケンミンによって呼び方が違う!?


今川焼とは小麦粉ベースの生地を型に流し込み粒あんをのせてさらに生地を重ねて焼いた日本人定番のおやつ。また全国的に大判焼きの名でも知られています。
しかし県によって他にも呼び方があるようです。

◆青森県民 ⇒ おやき
その昔、青森には薄い円盤状の焼餅「おやき」が存在した。江戸時代中期に「今川焼」は江戸・神田に架かっていた「今川橋」近くの店で売り出されて全国的に広まったと言われているそうです。
その今川焼の製法が青森にも伝わり、青森のおやきにとってかわったが、なぜか「おやき」の名前だけ残って定着したようです。
ちなみに青森県民に信州名物おやきを見せると誰もが驚いていました。

◆高知県民 ⇒ たいこまん
高知県民の名前の認知度としてはたいこまん>大判焼き>今川焼のようです。
そのまま「たいこ」の色や形に似ていることから「たいこまん」となったようです。皮が厚いのが特徴で、昭和初期からその名前が浸透しているそうです。

◆山形県民 ⇒ あじまん
山形県のあじまんは皮が薄くあんの量が多いのが特徴。凄くおいしいあんこを使っていて、味を自慢したいぐらい食べさせたいということであじじまん→あじまんになったそうです。
あじまんは山形県を中心に現在近隣の県に218店舗も広がっているようです。
→ あじまんは会社名なんですね。HPはこちらから。



他にも、大阪では回転焼き、京都ではロンドン焼きと言ったりするそうです。




おためしセットバイキング




〜2011/1/27放送 秘密のケンミンSHOW より〜人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
posted by じもてぃ☆ at 09:26| Comment(1) | TrackBack(0) | ケンミンの見抜き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「青森県民は活きたなまこを簡単にさばくことができる!?」


海の鼠と書いて海鼠(なまこ)と読みますが、その外見はグロテスクそのもの。しかし酒の肴に酢の物が好まれていたり、腸の塩辛であるこのわたは高級珍味で知られています。

そんななまこですが、都内のスーパーで売られているものはすでにカットされており、丸ごとと言うのはほとんど見たことがありません。しかし青森県民は、丸ごとの状態からなまこを簡単にさばくことが出来るんだそうです!

都内で街頭調査したところ、さばくどころが触ることすらままならない状態。しかし青森県民はためらうことなく美味しそうななまこをチョイスしあっという間にさばいていました。

その手順は・・・・両端を切り落として腸を取り除き切り目をいれて水洗いして完成。
ここから画像付きでさばき方が見れます ⇒ なまこのさばき方

青森や北海道がなまこの主産地でおよそ2割が陸奥湾でとれているんだそうです。スーパーでは活なまこがパック詰めで丸ごとの形で販売されていました。



なまこ【送料無料】青森陸奥湾産ナマコ 500g



山口県産なまこ使用「このわた 80g」(海鼠腸)



街角成功率は58%でした。
約半数ですが、それでもためらうことなくさばけるって凄いですよね。




〜2011/1/27放送 秘密のケンミンSHOW より〜人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
posted by じもてぃ☆ at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ケンミンの凄技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月27日

「高知県民はすき焼きにニンニクの葉を入れる!?」


普通、すき焼きに入れる野菜と言えば、ネギやしいたけ、春菊ぐらいのもの。しかし高知県民のお宅では、一見ネギのようなニラのようなニンニクの葉をすき焼きにたっぷり入れるんだそうです。

ニンニクやニンニクの芽というのは聞いたことがありますが、ニンニクの葉というのはあまり聞いたことがありません。見た目はニラのようですが、根の部分がさらに成長するとニンニクになるそうで、その根の部分は少しカットして葉の部分を主に使うようです。

居酒屋さんでもすき焼きに入ったニンニク葉は定番で、スーパーでもニンニク葉は普通に売られていました。

高知と言うとクジラ肉が定番で食べられており、におい消しにニンニク葉を使っていたようです。その名残ですき焼きにも入れるようになったんだとか。

高知県の農家の多くは、ニンニクを葉の段階で収穫してしまうそうで、高知県ではニンニクの根の部分はほとんど生産されていないそうです。







高知特産 にんにく葉 1束(約100g)



ニオイはそんなにきつくなく、ニラのようで歯触りがいいみたいです。
栄養価はものすごく高そうですね。




〜2011/1/27放送 秘密のケンミンSHOW より〜人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
posted by じもてぃ☆ at 21:50| Comment(2) | TrackBack(0) | ウワサのごちそう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月21日

「【京都編】辞令は突然に・・・」vol.1


◆ブランド総合研究所が2009年に行った、居住意欲度都道府県ランキングで京都府は堂々の1位!!金閣寺や下鴨神社など世界遺産が日本最多の17か所もあり、京都は誰もが憧れる一度は住んでみたい街

◆京都市内には町屋が4万軒以上残っている。町屋には風通しと採光を考えた坪庭があったり、通り庭と呼ばれる土間があったり、土間の天井が吹き抜けになっていたりと、細長い形状をフォローする様々な工夫がなされている。

◆京都では和菓子の歴史も古い。長五郎餅は400年前からある和菓子。室町時代から作られている川端道喜の羊羹粽や、1200年前の奈良時代からある亀屋清永の清浄歓喜団などがあり、創業100年でもまだまだと言われる。
長五郎餅HP ⇒ http://www.chogoromochi.co.jp/
亀屋清永HP ⇒ http://www.oishikoji.com/shop/index.php?shopid=021

◆京都は江戸時代に都があったことから、京ことば=標準語とされている。京都府民は京ことばと関西弁を一緒にされるのを嫌がる人がいる。

◆京都市内で日中に見かける舞子さんは観光客の体験舞子。本物の舞子さんは基本的に夕方以降しか出歩かない。

◆京都府民に「この間の戦争は?」と聞くと「応仁の乱」と答えると言うのは良く聞くがあくまでも都市伝説。太平洋戦争でほとんど焼失を受けなかった京都が実際に戦火の渦に巻き込まれたのは蛤御門の変

◆京都府内の住所は町名と番地の前に二つの道の名称を表記するため住所が長くなってしまう。

◆先斗町にある「ますだ」は昭和27年創業のおばんざいの名店。おばんざいとは日常のおかずという意味。

◆京都を始め関西ではシメサバのことをきずしと呼ぶ。関東のシメサバはお酢で漬けてワサビ醤油で食べるのに対し、きずしは昆布・酢・みりん・醤油で漬けこまれているため、何もつけずに食べる。



サバの旨味をシンプルに味わえる 明石 米長流 きずし シメ鯖



◆京都の年配の方は「上京する」ことを「東上する」と言う。今でも都は京都だと思っている人が多く、上京=京都へ行くことである。






〜2011/1/20放送 秘密のケンミンSHOW より〜人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
posted by じもてぃ☆ at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | もし転勤になったら!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする