≪各都道府県民のヒミツはこちらから★≫

北海道・東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島

関東
神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨

信越・北陸
新潟 長野 富山 石川 福井

東海
愛知 岐阜 静岡 三重

近畿
大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山

中国
鳥取 島根 岡山 広島 山口

四国
徳島 香川 愛媛 高知

九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

ブログパーツ

2011年06月23日

「中越地方に住む新潟県民はアケビのつるに生卵を混ぜて食べる!?」


アケビと言えば秋が旬の果実の一種。一方そのつると言えば、カゴやクリスマスリースに使用されます。しかしそんなアケビのつるを新潟県民は生卵を混ぜて食べるんだそうです!!

魚沼地方ではアケビのつるのことを「木の芽」と言うんだそうです。食べられるのは芽吹いたばかりの春の柔らかな新芽だけで、収穫期間はわずか一ヶ月なんだそう。

そのアケビのつるを程良いサイズに切って茹でると鮮やかな緑色に。それに生卵を落とし醤油をかけてかき混ぜて食べるんだそうです。少し苦味があるのが大人の味で、日本酒とよく合うんだそう。

醤油だけだと苦味が強いのが、卵を混ぜることによって苦味がマイルドになるんだそうです。
スーパーで聞いたところ、木の芽が出る時期は葉物野菜が売れなくなり、相乗効果で卵はよく売れるんだとか。

明治時代からアケビの芽は食べられていたが、食用ではなく胃薬として食べられていたんだそう。アケビのつるには整腸作用やむくみ解消にも効果があるそうです。
全国どこでもアケビはあるが、新潟では長く雪の下に埋もれているせいか、柔らかくて程良い苦味の木の芽になるそうです。





〜2011/6/23放送 秘密のケンミンSHOW より〜人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ


posted by じもてぃ☆ at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ウワサのごちそう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック