≪各都道府県民のヒミツはこちらから★≫

北海道・東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島

関東
神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨

信越・北陸
新潟 長野 富山 石川 福井

東海
愛知 岐阜 静岡 三重

近畿
大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山

中国
鳥取 島根 岡山 広島 山口

四国
徳島 香川 愛媛 高知

九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

ブログパーツ

2011年05月26日

「東濃地方に住む岐阜県民はひな祭りにお菓子のからすみをお供えする!?」


一般的に桃の節句に食べるものと言えば、ひなあられや桜餅などですが、なんと東濃地方に住む岐阜県民はからすみというお菓子をお供えして食べるんだそうです。

からすみと言えばボラの卵巣で高級珍味ですが、岐阜県民がひな祭りで食べるからすみの見た目は高級珍味とはかけ離れた黒い棒状のもの。黒い色は黒砂糖で、もっちりした食感のお菓子だそうです。

名古屋名物ういろうのようでもあり、ういろうより固めなんだとか。スーパーでは桜餅や菱餅よりも大量に販売されていました。老舗の和菓子屋さんでも置いているようです。

その作り方は、米粉に黒砂糖の砂糖水を加え混ぜて、せいろで蒸して木枠に入れ、さらに30分蒸して完成。形はなぜか富士山型でした。

このからすみは江戸末期ごろからあるようです。ボラのからすみには卵がたくさん入っていると言う事で、それにあやかって子孫繁栄と子供の成長を願ってボラからすみに似せて作ったんだそう。

この地域は海から遠く離れているため、身近にある材料でお菓子のからすみを作ったんだそうです。それがいつしか日本一の子供に育ってほしいと言う願いを込めて富士山の形になったようです。

からすみの作り方 ⇒ http://www.enasan-net.ne.jp/esn/050111/




〜2011/5/26放送 秘密のケンミンSHOW より〜人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
posted by じもてぃ☆ at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ウワサの習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

「富山県民はみそ汁にお団子を入れる!?」


お団子と言えばおやつをイメージしますが、なんと富山県民はお味噌汁にお団子を入れるんだそうです!!

取材したご家庭では、ワカメと油揚げ、おネギと一緒にお団子がお味噌汁の中に入っていました!味は普通のお味噌汁だそう。

大福の皮などに使われるもち粉を使って、お湯を加えて白玉団子のようなものをつくり、出汁の中に投入。他の具材をいれ、味噌を溶いてお団子入りのみそ汁が完成。

なんとスーパーには、みそ汁だんごというものが置いてありました。食堂ではお団子のみそ汁を出す日もあるそうです。

富山県では明治時代以前からお団子を入れる習慣があったそう。昔はお米が高く、未成熟の米を粉にして団子にして食べていたのを、食べやすく美味しく食べるためにみそ汁に入れたのではないかと考えられているそうです。

そして驚くべきことに、産後に餅粉のお団子と里芋の茎を干したずいきを入れたみそ汁を食べると母乳の出がよくなる、という言い伝えがあるんだそうです。

医学的根拠はないようですが、産後3日目にこのお味噌汁を食べるお祝いもあるようです。




〜2011/5/19放送 秘密のケンミンSHOW より〜人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
posted by じもてぃ☆ at 21:47| Comment(1) | TrackBack(0) | ウワサの習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月29日

「沖縄県民はなぜかディナーにランチを食べる!?」


ディナーにランチを食べるなんてどういうこと?と思いますが、沖縄県の食堂では夜7時のディナータイムに、ランチの注文が入っていました。

そこで出されたAランチはかなりのボリューム!トンカツ、白身魚フライ、エビフライ、目玉焼き、ウインナーがのっており、目玉焼きの下にはご飯も。
紹介されたお店はこちら ⇒ うみちか食堂 

別の食堂では食品サンプルにAランチも飾られており、「ランチメニューは午前11時〜午後9時」の案内が。

「Aランチ」と言うのは沖縄県内の食堂で共通する正式なメニュー名なんだそうです。「Bランチ」「Cランチ」があるお店もあるようです。

元々沖縄のランチは米軍の食堂で出されたワンプレートのランチメニューが発祥のようです。その後基地で働いていた沖縄のコックが独立した時に、複数のおかずをワンプレートに乗せて出し、それを「ランチ」と名付けた可能性が高いとのことです。

ちなみに、沖縄の多くの食堂では持ち帰り用の折り詰めサービスがあり、このボリューム満点のランチも残ったら持ち帰れるそうです。




〜2011/4/28放送 秘密のケンミンSHOW より〜人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
posted by じもてぃ☆ at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ウワサの習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月11日

「沖縄県民はフライパンで肉と野菜を煮て上から卵を乗せた「すき焼き」が大好き!?」


すき焼きと言えば日本人が大好きなごちそうで、鉄鍋料理の代名詞。牛肉やお豆腐、白滝などの具材を卵に付けて食べるのが一般的です。

しかし沖縄県のすき焼きは、お皿にお肉と野菜、お豆腐、そして卵をあらかじめ乗せたもので、フライパンで作られるんだそうです!

乗せてある卵は半熟状のもので、定食屋のお客さんはレンゲで具材を混ぜながら食べていました。

その作り方は・・・フライパンにキャベツを入れて豚骨とかつおでとった出汁を入れ、沖縄名物島豆腐を投入。すき焼きらしく砂糖と醤油で味付けし牛肉を入れて、卵を落として完成。

沖縄流のすき焼きの具材はお店によって違うようす。卵はお店によって目玉焼きがのっていたり、オムライスのような卵がのっている所もあるようです。

沖縄風すき焼きの発祥と言われるお食事処みかどで尋ねたところ、創業当時すき焼きが食べたいお客様に、鍋が無いためフライパンで具材を炒めて出したのが始まりだったようです。

一般的なすき焼きは「テレビでよく見る」という感じなんだそうです。沖縄は暑いため、年配の方ほどお鍋を囲むという習慣があんまりないみたいですね。



〜2011/3/10放送 秘密のケンミンSHOW より〜人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

posted by じもてぃ☆ at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ウワサの習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月10日

「数え年7歳を迎えた鹿児島県民は1月7日に神社に参拝して七草祝いをするのが常識!?」


通常毎年1月7日は七草の節句で、一年の無病息災を願って七草粥を家族で食すというイベントです。特に他にすることはありませんが、なんと鹿児島県では七草祝いという七歳を迎える子供に正装させて神社にお参りするんだそうです!!

一生に一度のイベントとして重要なんだそうで、お父さんも仕事を休んでまで参加。晴れ着を着て神社に参拝するのが主な行事のようです。そこで少量の七草がゆと千歳飴をもらっていました。

まるで七五三のようですが、男の子も女の子も関係なく祝うそうで、どちらかと言うと七五三より七草祝いの方がメインなんだそうです。

大手写真スタジオのスタジオアリスでは鹿児島限定で七草祝いの記念撮影をキャンペーン。その日は写真撮影の人が殺到するようです。

地方によってはお寺で七草粥の食事会をしたり、地区合同のお祝いでお祭りのような集会をするところもありました。また、ご近所7軒を回ってご祝儀をもらい、七草粥を持参した重箱に入れてもらって夜に集めた七草粥を食べる、というお宅も紹介されていました。

薩摩の七草祝いは江戸時代中期からすでに広く鹿児島の武家社会を中心に普及していたようです。子供から大人になるための最初のステップとして七草祝いが行われるようです。



鹿児島ではそんなお祝い事がされていたなんて知りませんでした(>_<)
すごく重要なお祝いなんですね。



〜2011/2/10放送 秘密のケンミンSHOW より〜人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ


posted by じもてぃ☆ at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ウワサの習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする