≪各都道府県民のヒミツはこちらから★≫

北海道・東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島

関東
神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨

信越・北陸
新潟 長野 富山 石川 福井

東海
愛知 岐阜 静岡 三重

近畿
大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山

中国
鳥取 島根 岡山 広島 山口

四国
徳島 香川 愛媛 高知

九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

ブログパーツ

2010年01月19日

我ら7県!なまっていこう!!なまりフォーラム

近年、東京に出てきた地方出身者は、なまりを話さなくなっている人のほうが多い。なまり=隠すべきものとなっている現代に、お国ことばのよさを激論しよう!

代表は以下の7県でした。

単語は短く内にこもる青森県
・「わ」=「自分」、「んが」=「相手」、センテンスが短い
・口を大きく開けない「たちつてと」「さしすせそ」が基本すべて同じように聞こえる。
・ひざ=「ふじゃかんぶ」、せなか=「へなか」


濁点が多く「ス」が丁寧表現山形県
・フランス語に似ている!?基本的に尻高。尻あがり。
・「うるかす」=お水に浸しておく、ふやかす、うるおす

東北と北関東のイントネーションを併せ持つ福島県
・言葉が平坦で尻あがり。「飴」も「雨」も同じイントネーション
・「んだ(Да)んだ(Да)」「Да」はロシア語で「はい」という意味

スタッカートで尻あがり栃木県
・「だっぺ」「だんべ」「だべ」を駆使するオールマイティなまり
・「だいじ」=「大丈夫」

無敬語無アクセント茨城県
・ベースは標準語だがイントネーションがちょっと違う
・「ぺ」「べ」「だっぺ」は使うが「だべ」は使わない

のんびりかつ平坦宮崎県
・都言葉がそのまま残っている
・「てげてげ」=「大体、適当」、「てげ」=「超、とても」


音が省略化され難解鹿児島県
・語尾を省略する傾向がある
・「おいどんは西郷でごわす」なんて絶対言わない。


他にもこの7件以外に「投げる」=「捨てる」や「なおす」=「片づける」など独特の表現が多々出ていました。

まだまだなまりは奥が深いです・・・。




〜2009/11/26放送 秘密のケンミンSHOW 深まる秋の友愛大カミングアウト祭り!より〜
posted by じもてぃ☆ at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ケンミンなまりフォーラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする