≪各都道府県民のヒミツはこちらから★≫

北海道・東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島

関東
神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨

信越・北陸
新潟 長野 富山 石川 福井

東海
愛知 岐阜 静岡 三重

近畿
大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山

中国
鳥取 島根 岡山 広島 山口

四国
徳島 香川 愛媛 高知

九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

ブログパーツ

2011年04月28日

「酢豚の事をスーパイコと言ったら長崎県民!?」


酢豚と言えば中華料理の大定番。そんな酢豚を長崎県民はスーパイコと言うんだそうです!!

街中で調査してもみんな「スーパイコ」と言っていました。中国語かと思って調べてみたところ、酢豚は「グゥーラオロウ」「タンツゥーロウ」となっており、スーパイコは中国語でもないもよう。

中華料理店店主の黄さんに聞いたところ、スーパイコは和製中国語なんだそう。
タンツゥーパイグゥー(糖酢排骨)という揚げた豚の骨付き肉に甘酢を絡ませた料理があり、豚肉や甘酢を使っている点が似ていることから酢豚と混同し、タン(糖)がとれて、ツゥーパイグゥー⇒ツーパイコ⇒スーパイコと変化していったようです。

その後長崎ではツーパイコという名前が定着していったようです。学校給食の献立にも「スーパイコ」と記載されていました。


そのほかに紹介されていた言葉はコチラ!

服を履く ⇒ 服を着る(沖縄県)
なまかわする ⇒ 怠ける(岐阜県)
机をかく ⇒ 机を運ぶ(奈良県)
たろひ ⇒ つらら(宮城県)
あさぶら ⇒ 草履(三重県)
かんぴんたん ⇒ 干からびたもの(三重県)



〜2011/4/28放送 秘密のケンミンSHOW より〜人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
posted by じもてぃ☆ at 22:14| Comment(4) | TrackBack(0) | ケンミンの見抜き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月15日

「きが抜ける」を「かが抜ける」と言ったら静岡県民、「けが抜ける」と言ったら嶺南地方に住む福井県民!?


ビールやラムネに欠かせないのが炭酸!一般的に炭酸が抜けることを「が抜ける」と言いますが、なんと静岡県民は「か」が抜けると言うそうです!!

この「かが抜ける」という言葉、漢字で書くと「香が抜ける」となるそうです。ワサビなどの辛みが抜けることも「香が抜ける」と言うようで、それを炭酸が無くなった場合にも当てはめて伝わってきたようです。


そして、なんと調べていると福井県の嶺南地方でも別の言い方をすることが判明!それも「が抜ける」と言うそうです。

これは、福井の方言の特徴として「き」の音が「け」の音に聞こえるというのがあり、「きが抜ける」が「けが抜ける」に訛っていったのではないかと言う事です。


他に紹介されていた言葉はこちら↓↓↓

◆落花生⇒じもぐり豆(新潟県)
◆にわとり⇒トイトイ(宮崎県)
◆正座⇒キンキン(鹿児島県)
◆貝⇒きゃっこ(岩手県)


〜2011/4/14放送 秘密のケンミンSHOW 2011春 元気をくれる大カミングアウトSPより〜人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
posted by じもてぃ☆ at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ケンミンの見抜き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月11日

「運動会の赤組・白組を赤団・白団と言ったら宮崎県民!?」


全国的に運動会のチーム分けと言えば赤組と白組が一般的ですが、なんと宮崎県民は赤団・白団と言うそうです!!

大正時代の学校日誌では「軍」が使われていたことが判明。しかし昭和40年頃から軍→団に変わり、現在県内のほとんどの学校で「団」が使われているようです。

青も青団、黄色も黄団(きだん)というようになるらしいです。

運動会での団体種目は「団技(だんぎ)」と呼ばれ、赤団や白団の生徒を着席させるときの掛け声は「着団」というみたいです。


その他に紹介されていた言葉はこちら↓↓↓

◆ゴム草履→ゴムじょんじょん(静岡県)
◆体育座り→おやま座り(沖縄県)
◆側溝→どぶす(石川県)



〜2011/3/10放送 秘密のケンミンSHOW より〜人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

posted by じもてぃ☆ at 09:35| Comment(2) | TrackBack(0) | ケンミンの見抜き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

みつばのことを「みつぱ」といったら山形県民!?


ご存じ三枚の葉が特徴のミツバ。お吸い物や丼物に広く使われ料理に彩りを添える名脇役です。食材辞典でも「ミツバ」と記載されているこの食品、山形県民はみつばではなく「みつぱ」と言うんだそうです。

スーパーで売られている商品のパッケージには「みつば」と書かれているものの、店内表示の値札表記は「みつぱ」でした。

山形を含む東北地方全般では、濁音の前に「ん」という音が入って「んば」という鼻濁音になる傾向があるんだそう。「よろこぶ」→「よろこんぶ」、「おぼれる」→「おんぼれる」のように、「みつば」→「みつんば」となるそうです。

他地域から来た武士たちが「みつんば」の「んば」を「ぱ」と聞き違え、それを文字として表記してしまったことから「みつぱ」という言葉が広がったようです。


他に紹介されていた言葉はコチラ!

◆ふざけるな⇒ちばけな(岡山県)
◆とても⇒ちかっぱ(福岡県)
◆棒付きアイス⇒ケーキ(高知県)



〜2011/2/17放送 秘密のケンミンSHOW より〜人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

posted by じもてぃ☆ at 08:53| Comment(1) | TrackBack(0) | ケンミンの見抜き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月10日

「何かが刺さった時に「チカッとする」と言ったら福岡県民!?」


普通、注射の針が刺さる時の擬音語と言えば「チクッとする」と言いますが、なんと福岡県民はそういう時に「チカッとする」と言うんだそうです!!

数々の擬音語を網羅する日本語オノマトペ辞典で「ちかっ」と言う意味を調べると、「ごく一瞬鋭く光るさま」と表記されています。どちらかと言うと光にかんする表現の時に使うイメージですが・・・

福岡県のお医者さんは注射をする時「少しチカッとしますよ〜」と言っていました。他にも歯医者さんで麻酔をするとき、セーターの着心地に関しても「チカ」という言葉を用いるようです。

福岡県では「よい」が「よか」「楽しい」が「楽しか」となるように、「カ」という音がよく用いられるんだそうです。

それを聞くと少し納得ですね☆



その他に紹介されていた言葉はこちら↓

◆イライラする⇒ごせやける(福島県)
◆接骨院⇒あやまち医者(富山県)



〜2011/2/10放送 秘密のケンミンSHOW より〜人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ


posted by じもてぃ☆ at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ケンミンの見抜き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする