≪各都道府県民のヒミツはこちらから★≫

北海道・東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島

関東
神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨

信越・北陸
新潟 長野 富山 石川 福井

東海
愛知 岐阜 静岡 三重

近畿
大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山

中国
鳥取 島根 岡山 広島 山口

四国
徳島 香川 愛媛 高知

九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

ブログパーツ

2011年03月04日

ケンミン激甘スイーツ祭vol.4長野県松本市

全国に潜んでいる激甘スイーツ第四弾!!


最後は長野県松本市から!


長野県の激甘スイーツは、開運堂の真味糖(シンミトウ)というお菓子。落雁のような見た目で、信州名物のクルミが入っていました。

その作り方は・・・寒天を煮たてた鍋に白双糖というグラニュー糖の一種を大量に投入。そしてそこに水あめを加え、さらに蜂蜜まで加えていました。それを撹拌機で乳白色になるまで混ぜ、クルミを入れて型に流しいれ固めて完成。

このお菓子は大正末期に完成されたもの。松本は専業農家が多く、料理の味も濃くお菓子も甘くないと納得されないという土地柄から生まれたお菓子のようです。

お茶受けに出される少し高級なお菓子のようです。



甘くて美味しい信州松本の銘菓 真味糖







〜2011/3/3放送 秘密のケンミンSHOW より〜人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
posted by じもてぃ☆ at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ケンミン激甘スイーツ祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケンミン激甘スイーツ祭vol.3北海道苫小牧市

全国に潜んでいる激甘スイーツ第三弾!!


次は北海道苫小牧市から!

北海道苫小牧市の激甘スイーツはよいとまけというもの。ハスカップジャムを表面に塗ってある、ロールケーキ状のお菓子だそうです。ハスカップは酸っぱいジャムですが、このジャムはガムシロップと同等の糖度なんだそう。

このハスカップジャムを生地の上にペーストしてロールし、表面全体にもジャムをかけて、それをグラニュー糖の中に投入してまぶし、オブラートで包んで完成。

よいとまけは昭和28年に発売し、今や50年以上続いているお菓子なんだそう。発売当時、苫小牧は製紙工場の城下町で、紙の原料になる丸太の形をイメージしたお菓子だそうです。

「よいとまけ」とは丸太を上げ下ろす作業の時に使われていた掛け声とのこと。現在よいとまけは苫小牧市戸札幌を中心に三星の全34店舗で販売しているそうです。月に60,000本を売り上げているってすごいですね。


ケンミンショーで紹介! よいとまけ





〜2011/3/3放送 秘密のケンミンSHOW より〜人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
posted by じもてぃ☆ at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ケンミン激甘スイーツ祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケンミン激甘スイーツ祭vol.2岩手県二戸市

全国に潜んでいる激甘スイーツ第二弾!!


岩手県二戸市から!

岩手県の激甘スイーツは日光ぱん。日光と言っても栃木の日光とは全くの無関係のようです。

作り方は・・・・卵を溶いてそこに大量の砂糖を投入。重層、小麦粉と混ぜて生地にし、あんこを包んで20分焼く。そしてさらに焼きあがったものに砂糖水をかけて最終的に砂糖にまぶして完成。

明治時代に二戸市にあった雑貨店日光屋が考案したもののようで、当時貴重だったお砂糖を贅沢に使い日光屋のパン=日光ぱんの名で広まっていったようです。

今では市内にあるほぼすべてのお菓子屋さんで販売されているようです。





〜2011/3/3放送 秘密のケンミンSHOW より〜人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
posted by じもてぃ☆ at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ケンミン激甘スイーツ祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケンミン激甘スイーツ祭vol.1長崎県平戸市

今回は全国に潜んでいる激甘スイーツを大特集!!


まずは長崎県平戸市から!

長崎県と言えば、知る人ぞ知る元祖スイーツ王国。ご存じカステラや、雛祭りの桃カステラ、シースケーキ、ミルクセーキなどがあります。

そしてまださらに甘いお菓子があるとのこと。その名はカスドース!!

作り方は、カステラを一口大に切って卵黄だけの溶き卵の中に投下して卵でコーティング。次に水1Lに対して5キロの砂糖の割合で砂糖水を作って火にかけ、先ほどのカステラを投入!そしてさらにグラニュー糖の中に入れてまぶして完成!

1550年にポルトガル船が来航した時入ってきたカステラは、今のように柔らかいものではなく保存食としての水分少なめの固いカステラだったんだそう。それを柔らかくするためにこのようなお菓子が作られたそうです。

ドースはポルトガル語で「甘い」という意味なんだそう。なんと一つのカスドースに角砂糖約9個分と同等のお砂糖を使用しているそうです。

→ 平戸蔦谷HP






〜2011/3/3放送 秘密のケンミンSHOW より〜人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
posted by じもてぃ☆ at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ケンミン激甘スイーツ祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする